瓜実条虫 駆除 体験談

瓜実条虫を駆除した体験談(40代/男性)

以前にも猫を飼ってたんですが、家の中から逃げてしまいそれからは後悔し続けて猫を飼うことはできませんでした。けれども彼女がどうしても飼いたいと何度も言われ、結果的に知り合いの家の近所にまだまだ小さい生まれて4ヶ月くらいの仔猫を連れてきたんです。

 

連れて来られては帰すわけにもいかず、そのまま飼うことになりましたけれど、やはり猫好きの私にしてみたらカワイイとしか表現ができませんでした。その後数ヶ月ほど経過した頃、以前よりは多少身体も大きくなりましたが、我が家に来てからは、まるで生まれたときからいたような表情をしてたんです。そうした姿を見てると猫をまた飼って本当に良かったと改めて実感することができました。

 

寝床はいつもベッドの足元、小さな身体を丸めて寝てるわけですが、気持ち良さそうな姿を見ながらそのスタイルが定着し始めた頃のことです。何やら小さな粒が落ちてるのを発見したんです。そのときは差ほど気にならなかったこともあり掃除機で吸って綺麗にしてました。ただ何度と続くその状況から何かおかしいと気づき始めた頃、それがまさか寄生虫だったとは思いもしませんでした。

 

ちょっと調べてみたらどうやら瓜実条虫と呼ばれる寄生虫のようで、それに気が付くまで布団の中に転がってる米粒みたいのを何だろうと思いながら寝てことを思い出すとゾッとしてなりません。この寄生虫は体調が40センチほどにもなり、何十にも連なる米粒が少しずつお尻から排出されるようでした。感染ルートは野良猫だったこともあり数多くルートが考えられます。

 

それですぐに寄生虫駆除の薬を購入しようと調べましたが、ちゃんと瓜実条虫用の飲み薬があったので、それを2千円くらいで購入しました。嫌がるので、細かく砕いて喉の奥に落とすように飲ましましたが、何日かしなければいけないだろうなと思ってたんですけど意外と一回で米粒も見られなくなりました。寄生虫は糞と一緒に排出されるということらしく、確認したかったんですけど分からないままでしたが、飼猫の症状を見てもそれ以降は米粒も出すこともありませんでした。

 

それと同時に蚤取り用の薬も一滴垂らして、さらに家の中とベランダの掃除、トイレは定期的に綺麗にしてあげることなど感染しないような環境作りを心がてますが、その後は一切寄生虫に感染することも無くなりましたのでホッとしています。